「The Piggyback Web」はこちらから

夏着物を秋ひとえとして着る。夏の終わりと秋の訪れミックス【着物コーディネート】

ピギーバック

先日9月22日は、着物でバイオリン秋ライブでした♪
このところ一気に秋へ突入。秋のひとえ着物を楽しめる9月ではありますが、この日はまだちょっぴり残暑を感じる気候。色味が秋寄りな夏着物をひとえ着物として着ることにしました。

髪型で変わる着物

 

ライブのときは目でも楽しんでいただきたく、出来るだけ華やかになるような着物コーデにしています。このポリエステル着物は、ライブの時に映えるかな~とまだショートヘアにする前に用意したものでした。

そして髪の毛を短くして初めて着てみた今回。ロングヘアのときより着物の色柄がさらに際立ってる気がして、派手さにはそこそこ慣れているわたくしでも「ちょっと派手かしら・・・」と思いました。髪の毛がない分、着物の華やかさが前面に押し出される感じがしたのですね。しかしステージに立ってみると問題なし! 思ったとおり写真にも映えてくれました。ライブの時に、派手さを懸念する必要はありませんでした。(笑)

ピギーバック

髪型を変えてから初の秋冬シーズン。これまでロングヘアで着ていた着物も違う雰囲気でコーディネートできるはず! 髪型が違うだけで印象が変わる着物。そして着物コーデ。それが着物の楽しいところ♪

秋色カラフル夏着物×ひとえ帯コーディネート

 

限りなく鮮やかピンク寄りな赤紫色ベースに、カラフルな菊と緑の葉っぱ。秋の気配を感じる頃に着たくなる色柄です。一応夏着物なので薄手ですが透け感がないので、少し暑さが残るまさにこの時期にぴたりとハマった1枚でした。

コーディネートテーマ

ライブで秋を感じていただけるコーディネートにしたいな。とはいえ、まだどっぷり秋な気分ではないから、「夏の終わり、そして秋のおとずれを楽しめる」ような雰囲気で。

コーディネートセット

着物が今のものなので、帯、小物などはアンティークでまとめました。「現代×アンティークミックス」のイメージは、「元気な雰囲気に情緒を添える」感じでしょうか。帯の柄は「カタクリの花」だろうとは思うのですが、リアルに描かれておらず、色柄がとてもコーディネートしやすいひとえ帯なので時期にこだわらずに使っています。

着物セット

前姿と衿&帯まわり

着物にこれだけ色が入っていると、小物は何を持ってきても合いますね!(笑)
帯を黒で引き締めたので、衿と帯揚げ、帯締めはやわらかい色合いのものにしました。

着物

後姿

「帯の花の色」と「着物の赤紫色」がリンクしていました♪ あら素敵( *´艸`) ライブ当日の着付けは、お太鼓の柄出しもイチカバチカだったりとばたばたしているので、こうやって改めて見て気づくことも。

そして髪の毛は地毛です。それでも「ウィッグ?」と言われてしまうのは・・・くせ毛が膨張し始めてきたからでしょう。(涙)

足元

ピンボケ写真ですが。。この日の夜が雨予報だったので、足元は雨対策でブーツに。本当は草履にしたかったのです。が、この日は初めて演奏を聴いていただくお客様が多いライブでしたので、「着物×ブーツコーデ」をおもいのほか楽しんでいただけました。結局雨は降らなかったけれど、今期初ブーツコーデで結果オーライッ☆彡

足元

ばあちゃん

色合いはカラフルだけど、秋の雰囲気を感じるわね。菊と葉っぱの深緑色が利いているのかも♪
確かにそうだね! カラフルに黒だけだとパッキリしすぎちゃうけど、緑がいいつなぎ色になってるかもね~

さな