「The Piggyback Web」はこちらから

10月の話。残暑だったので袷の時期だけど秋ひとえ着物【着物コーディネート】

足元

今さらですがの話。10月と言えば袷着物シーズンに突入なのですが、毎年だいたい残暑きびしい頃。9月のひとえ着物からすぐに袷着物に移行することができません。今年の10月上旬もまだまだひとえ着物でのお出かけでした。

初「黒猫亭」着物コーデ

 

西浅草黒猫亭さんに初めて行くときは着物で行きたい! 10月半ばにさしかかっていたにもかかわらず、昼間はまだまだ暑さの残る日。そんなときは、暑い時には調整する洋服と同じ。着物だって10月でもひとえ着物を着て調整します。

コーディネートテーマ

薄手のひとえ着物だと涼しげに見えてしまうこともあるのでそこは気を遣いつつ。生地感と色味で秋らしさを演出しようっと。

前姿

この日は荷物と歩きが多い日。スニーカーを合わせるため、短めに着付けしました。アンティーク着物を着る時はほぼ出ないおはしょりが、ほんの気持ち程度ですが出ています。

ひとえ着物

 

後姿

久しぶりの着物で、着付けがあまりキレイではありませんが・・・。
帯下の両端が異常に上がっているのは、帯の形を丸くしたかったため。これが正解かどうかは別にして、まあ丸くはなっていますね。
この帯結びは「お太鼓の帯枕ないバージョン」です。帯枕をしないだけで締め付け感が少し減ります。久しぶりに着物を着る時や長い時間着る時などは楽です。

ひとえ着物

衿&帯まわり

黒と茶の秋っぽい色にピンクが入っているお召着物。暖色が入ることで地味になりすぎず、また派手すぎない色合いなので気軽にワンピース感覚で着られます。半衿にもピンクのストライプを。帯まわりは黒やエンジ色でシックにしました。

ひとえ着物

スニーカーは、キラキラシルバーのハイカットコンバース。歩きが多い日は「着物×スニーカー」が好きです。

足元

黒猫亭×秋ひとえ着物

そして、念願叶って「西浅草黒猫亭」さんへ。着物でもバイオリンを持たねばならないので、がっつり肩にかかっています! ぱっと見、着物とは思えないいでたちですが(笑)改めて考えると、自分の中では着物は洋服で考えると最上級のワンピースだという位置づけな気がします。これにヒールやパンプスを合わせるとおしゃれ感が上がって違う雰囲気になると思います。

黒猫亭

ばあちゃん

着物をおしゃれアイテムのひとつと考えると、ますますおしゃれするのが楽しくなるわね♪
着物にはまると洋服のおしゃれの幅も広がるから楽しい!んだけど、服も着物もどんどん増えて行く~~~(汗)

さな