「The Piggyback Web」はこちらから

今更です(笑)6月ひとえ着物コーデはアザミ柄紫着物×半幅帯【着物コーディネート】

着物と日傘

もうすぐ8月ですし、夏も暑さも真っ盛りだというのに遅ればせながらひとえ着物コーディネートです。

着物着る人あるあるで、洋服ばかり着ていると着物が恋しくなってくる。はずなんですが・・・。

今年の6月は2回しかひとえ着物を着ませんでした。(涙)

6月は梅雨と重なるからついつい着物が億劫になってしまうのよね~。(言い訳)

さな

ばあちゃん

絹は水濡れが大敵だもんね。濡らしたくないその気持ちは分かるわ~。

柄を時期に合わせる件

 

そんな私の言い訳は置いときましょう。(笑)

さて、着物や帯の柄は日本の四季に合わせて色々な柄があります。着物の場合、季節を少し先取りした柄のコーディネートがおしゃれとも言われていたりします。わたくしも出来るだけその柄の時期(その時期の柄)に合わせるようにはしております。ただ、柄の時期を厳密に合わせようとすると、着物も帯も何枚あっても足りない・・・と大変なことに。

「着物をファッションとして楽しむ」という面から見るとそこまで「きっちりきっかり」じゃなくてもいいのかな〜とも思い、「抽象的な柄」や「好きだから」というオリジナル解釈で「時期がずれててもこの柄が好きなのです!と気合いで着る」こともしばしばです。

とは言え、着物の基本や伝統やルールも知れば知るほどとっても魅力的。もちろんそれを勉強し取り入れつつ、現代の感覚と織り交ぜながら柔軟に着物を楽しみたいナ~と思っています。

アザミ柄紫ひとえ着物×ヨット柄半幅帯

 

すでに夏日だったこの日はカフェギャラリーへ。6月最後のひとえ着物でお出かけでした。

cafeギリギリセーフでひとえ着物!表参道のカフェギャラリーへ【着物でお出かけ】

コーディネートテーマ

6月末のひとえ着物。すでに夏日。さらりとしたひとえ着物を着たいな。おっ今が旬のアザミ柄じゃん! これにしよっと。半幅帯は、夏っぽいからヨット柄。全体的にピンクベースでいこう♪

コーディネートセット

ほかにも着たいひとえ着物がありましたが少し生地が厚手だったので、それは9月にまわすことにして、さらりとした肌触りのひとえ着物にしました。ちょうど時期ぴったりのアザミ柄。やっぱり柄と時期が合うと嬉しかったりします♪

アザミがほんのりピンクなので、半幅帯や帯締めにもピンクを。

薊柄ひとえ着物

前姿

柄であまり分かりませんが、珍しく「おはしょり」がちょっと出ています。

薊柄ひとえ着物

後姿

半幅帯の結び方はいつもの「りぼん結びにくるくる巻く」やつです。
新しい結び方にチャレンジの日はいつ来るのか。。

「ひとえ着物」「夏着物」「浴衣」は「合わせ着物」に比べると着付け時間も短縮されて楽ちんですが、暑くて着付け途中からすでに汗だくです!

薊柄ひとえ着物

衿&帯まわり

今回も楽ちん重視で帯揚げなしにしました。
衿は、重宗玉緒さんの展示会でいただいた玉緒浴衣のハギレ。
このグリーンと個性的なレースの柄、可愛い&とっても使い勝手がよいのです。

薊柄ひとえ着物

足元

足元は夏っぽい鮮やかブルーにオレンジの草履でポップに。
ギャーーーー!! おはしょりが上がってます。この現象、おはしょりがちょっとしか出ないときに特になりがち。これぐらいなら潔く出さないほうがよかったかな。

ばあちゃん

ひとえ着物着られてよかったね!薄手になる分、見た目も軽やかだわ。着物に日傘もステキね♪
ひとえや夏着物は薄手とは言えやっぱり暑い!でも日傘は見た目が涼しげになるから着物のときは特に必須のコーデアイテムだよ~。

さな