「The Piggyback Web」はこちらから

【着物コーディネート】グリーンに花銘仙着物×水玉ひとえ帯

緑銘仙

なっつが来る~♪ 夏が来る~♪

そうだ! 梅雨も来るんだった。

でもひと足早く夏日がやって来そうな気配。
そう。もう昼間は暑いっ!!!

たぶんそろそろひとえ着物に手を出してしまいそうだから、早めに袷着物コーデをUPしないと!

さな

ばあちゃん

そうだね~。近頃は5月でも暑いからね!我慢せず自分の体感で着るのがいいわよ~。

銘仙着物のポジション

 

普段着物を楽ちんに着るのが好きなわたくしには、なくてはならないのが銘仙着物

絹なのに生地の丈夫な風合いと柄のポップさが洋服感覚に近いというのに魅力を感じています。

気付けば銘仙着物を手に取ることが多いのよね。ワンピース感覚で着てるかも♪

さな

ばあちゃん

気軽に着物を楽しむには、まず自分で好きなものを着るのが一番ヨ!

グリーンに花の銘仙着物×水玉ひとえ帯コーディネート

 

先日、藤を見に行きました。
が、が、が! また今年も見逃してしまいました。
今年は早めに行ったつもりがすっかり咲き誇った後でした。

なので、藤の花の撮れ高は全くありません。(涙)

コーディネートテーマ

春っぽく+ポップに可愛く。

コーディネートセット

グリーンの落書き模様に青と赤の花柄なので、一見するとカラフルです。
が、地はグレーなので合わせ方によってはちょっと地味になってしまうことも。

今回はテーマに合わせて、カラフル水玉なひとえ帯にしました。
衿はいちご柄です。

緑銘仙

前姿

長い袖も優雅でステキ。
短い袖は動きやすくてこれまた好き。

わたくしは袖の長さにあんまりこだわりがなく、いろんな袖の長さの着物を着ます。

今回もおはしょりはありません

緑銘仙

後姿

慣れているのと、電車やいすで背をもたれてもくずれる心配がないので、ついつい、いつもお太鼓

ひとえ帯は時期を問わずに締められる帯で重宝します。

緑銘仙

衿&帯まわり

近くで見ると着物のグレー地がよく分かりますね。
赤と青が入っていても落ち着いたトーンなので、黄色のカラフルな帯で明るく

ブルーに色んな色が入った帯揚げでつないで、ちょい差し色での入った帯締めを。

緑銘仙

足元

ピンクのスニーカーにポシェットを斜め掛け。

藤散策だったので、と言いつつ毎度のことですが、歩きやすさを重視しました。

まあ。。残念ながら藤は見られなかったのですが。

緑銘仙

今回のコーデまとめ
・銘仙着物は普段着物にはもってこいの着やすい着物
・落ち着いた色味の着物は、カラフルな帯や小物を合わせればトーンが明るくなる
・ひとえ帯は柄にもよりますが、一年中締められるので重宝する

時期が短いひとえ着物をたくさん着るために・・・
昼間は暑いし、もう切り替えてもいいかな~と思っていたりもします。

きっと1度着てしまうと、よっぽど寒くないと袷着物には戻れないでしょうね~。

それではまた今度。See you Next☆

おはしょりなしについてはこちら

obiおはしょりがなくてもきれいに着物を着るには【着物のおはしょり】