「The Piggyback Web」はこちらから

バイオリン練習は何かあるとやっぱりやる気が出るな!【バンドリハ】

violin

2016年12月末
わたくしが「着物でバイオリン」を弾いた初めてのライブでした。

西大島コミットメンツ」という総勢13人のソウルバンドに参加。
今もメンバーとして活動させてもらっているすごくカッコイイ&大好きなバンドです。

 

バンド練習スタート

 

総勢13人という大所帯のバンド「西大島コミットメンツ」。

音楽が好き! 歌うのが好き! 楽器が好き!

そんな大人たちが集まってのバンド活動

結成6年のバンドには

  • 磨かれたサウンドのカッコよさ
  • 音の重なりと圧で聴き手を引き込む力
  • 抜群に心地よいチームワーク
という3拍子が揃っているのですね!

わたくし新人ながらもこれは頑張らねばとモチベーションが上がるわけなのです!

violin

しかーし!わたくしお恥ずかしながら。

  • 練習が好きではない
  • 何かないとやらない
  • 直前にならないとやらない

という3重無(3つのやらない)が揃っておりまして。
コレに打ち勝つには「何か」がないとダメ子なんですねー。

そんなわたくしの性分をオミトオシのように、今年に入ってバンド練習(リハーサル)の時間が組まれることになったのです!

そのおかげで少しバイオリン練習に気が向くようになりました。(少しかいっ!(笑))

「何かないとやらない」の逆は

 

そうです! そうなのです!!

「何かあればやるのです」

練習となれば突如としてやる気がみなぎってくるわけなのです。

もう堂々と言い訳します!(笑)

音を取る

 

ソウルミュージックのカバー楽曲。

まずはバイオリンで弾く音を取ります。
弦楽器が入った曲を選曲していただけているので、それを拾えるのは楽しい作業です!

gakufu

みんなの音と合わせる

 

その前に。

音を取った後、CDを聴きながら合わせて弾いて、ひとり練習します。

それを練習現場に持ちこみ、みんなの音と合わせます

violin

そう!
バンドの場合、ひとり練習よりもみんなと合わせるのが大事なんだな~ということをバンド新人ながらも感じているところです。

バイオリンの場合、味付け的な立ち位置
各々みんなが持ち込んだ音を聴いて、どこを鳴らしているのかというのが結構気になるところなのです。

かぶらない音を弾いた方が互いに引き立て合えるかな~ということで。

曲が出来上がる快感

 

いっちょ前にそんなことを考えつつ。

みんなとの音合わせ練習では、短い時間のなかでも回を重ねるごとに音と曲が出来上がっていきます!

みんなの音のバイブレーションが一つになる快感

その瞬間。
音楽という至福に浸っているような感覚です。

みんなそれぞれ忙しいだろうにすごいな~と感心しながら。

violin

楽しいはもちろんなのですが、楽しみながらもそれぞれが

いい音にしたい

という熱く強い想いがバンドメンバーの中に溢れているのです♪

もうわたくしも3重無とか言ってるばあいじゃあないです!!

ばあちゃん

おっしゃ!さなのやる気スイッチが入ったね!ガンバレ~♪
おうっ!近々ライブも決まったみたいだし!ますますスイッチ全開でいかなきゃ~。告知は追ってお知らせします☆彡

さな