「The Piggyback Web」はこちらから

メンテナンスに出したら生まれ変わったバイオリン★【音響勉強日記2】

vn

バイオリンをメンテナンスに出した・・・という記憶がありません。そうなんです。出したことがないんです。

現在使用している大人用サイズにしてからの6,7年と、大人になって再開してからの6,7年。その間、弓の毛は何度か変えています。それも何度かですが。。レッスンと家での練習のみならず、オーケストラ練習、合宿、演奏会、そして最近のバンド活動と、わりとガシガシ弾いていたにもかかわらずです。なので、扱いは丁寧にしますが、繊細な楽器という意識があまりないんですね。
しかーしそんな鈍感!? なわたくしでも「ん?なんか音がかすれるなぁ。。」と、このところ少し楽器ストレスを感じていました。マイクを使うし、強めに弾くライブでは、そんなに問題はありませんでしたが、普段ふとしたときに今までとは違う感じがありました。

初メンテナンスへ

 

これは診てもらったほうがよいかも! と思いまして、初めてのメンテナンスへ出すことに。緊張することなど何もないんですが、初めてということで・・・楽器を持ち込んで、待つ間ちょっとドキドキ。

vn

ひとととおり楽器を診ていただくと、気になる部分がいくつか出てきました。
が、古さからの問題箇所はあるとしても、メンテナンスしてないわりに致命的なダメージはないということでホッとしました。まあブランクの間はバイオリンに触ってもいないですし、練習も好きなほうではありませんでしたからね。(笑) 状態としてはそんなに悪くなっていなかったのかもしれません。

【今回のお直し部分】
優先順位の高い部分を2箇所。アジャスター交換。弓の毛張りかえ。クリーニング。

vnメンテナンス前

お帰りなさい♪

 

そして待つこと10日。出来上がりを受け取りに行ってきました。あきらかに楽器がピカピカしています♪ なんだか前より音が響くし~。すごく嬉しい! なんだかんだ大事な楽器なので、これからは手をかけてあげなきゃと思いました。

vnメンテナンス後

さてさて。これから10日分を取り戻すべく練習をしなければ♪

プロの方から見たら信じられない事ばかりだと思いますが・・・(汗)
見逃してやってください( *´艸`)